いがぶら2017

Original
Original

行ってきました!体験レポート

伊賀上野・城下町のおひなさん二週目の2月24日に武家屋敷赤井家住宅にて老舗の和菓子屋 くらさか風月堂さんのプログラムが開催されました。

Web予約受付開始から1時間で満席になった大人気のプログラムも今年で2回目です。

参加者さんは和菓子作りが初めての方が多く、今回は鈴鹿市や四日市市からの参加の方もみえられました。

大将の倉坂浩充さんから丁寧な説明を受け、今回は「桃の花」と「おひなさん」の二種類の練りきりの上生菓子を作ります。くらさか風月堂さんは京風和菓子だそうでとてもシンプルな作りで季節感を表現されているそうです。

伊賀にはたくさんの和菓子屋さんがありますが店によって様々なお菓子がありそれがまたそのお店の特徴ともいえますね。「伊賀上野・城下町のおひなさん」をきっかけに和菓子屋さんをめぐってみてもおもしろいかもしれません。

1時間半の時間での作業にとても楽しそうに取り組んでおられました。
「買って食べる方が気軽に食べられる…」「もったいなくて食べられない…」など自分で作ってみることで和菓子に対して今までとは違う想いが参加者さんの中に生まれたようです。

プログラムを終えて「準備とかとても大変なんだけれど、やっぱり開催することで職人の技を観てもらって、感じてもらえることができるのがいい。いい加減な内容にしてしまうと魅力がなくなってしまうんではないか、やっぱりしんどいけれども本物の技を伝えたい。」と大将のお言葉をいただきました。
人気のプログラムにはやはり開催される側の努力があるんだなと思い知りました。


アクセスカウンター